こたつの基本知識(取り扱い方法)


【目次】

・本体形状の種類

・天板の取り付け方/取り外し方

・こたつ布団ご使用について

・ヒーターについて

・搭載ヒーターの種類

・お手入れと保管について

・その他注意事項

本体形状の種類

当サイトで販売している各コタツ商品は、一部ダイニングタイプを除き、 以下の「中天板タイプ」「やぐらタイプ」に分かれます。

「中天板タイプ」
天板下の本体形状が「中天板」ボードモデル。
脚を中天板に取り付けるタイプ。幕板がないため、スッキリしたデザインが可能です。




「やぐらタイプ」
天板下の本体形状が「やぐら」(格子組み)モデル。
幕板が付いており、脚は隅木(すみぎ)に取り付けます。
外からはヒーターの存在を全く感じさせません。




天板の取り付け方・取り外し方

「中天板タイプ」の場合

天板は、付属の「天板固定ボルト」で本体と固定します。
簡単に取り付け・取り外しが可能です。



「やぐらタイプ」の場合

天板は、幕板に固定されている「蝶ネジ」で本体と固定します。
蝶ネジは幕板から外れない構造になっており紛失を未然に防止できます。



こたつ布団ご使用について

こたつ布団は、天板固定ボルトもしくは天板固定蝶ネジを取り外し、天板とこたつ本体の間に挟んでご使用ください。
お布団は、天板の下に敷くだけでかまいません。
天板の重みで安定しますので、特別な処置は必要ありません。


※こたつ布団は本体と天板の間に挟むだけでOK

ヒーターについて

こたつヒーターは、市販の汎用サイズ29cm角の正方形型を採用しております。
そのため寿命や故障等が発生した場合でも、お客様ご自身にて簡単に市販の同サイズのヒーターと交換が可能です。

ヒーター本体の故障・コードの紛失などの場合は、ヒーターの型番もしくはこたつ商品名をご連絡下さい。
例:こたつ商品名「モジョ120オーク」/ ヒーター型番「MHU-600E」など

オフシーズンなどに、ヒーターコントローラーを本体に収納できる「コード収納BOX」が本体裏に組み込まれています。


中天板タイプ・ヒーター収納構造
やぐらタイプ・ヒーター収納構造


搭載ヒーターの種類



MCU-501E・・・ほぼ全ての商品に搭載されているカーボンヒーターです。
MHU-600E・・・※現在掲載販売している商品には搭載しておりません。
MHS-180ET / MHL-360ET・・・布団レスタイプのダイニングコタツに搭載しています。

お手入れと保管について

  • 長い間ご使用になりますと、ヒーターや差込プラグとコンセントの間にホコリやゴミが付着する場合があります。
    差し込みプラグを抜いていただき乾いた布などで拭き取ってください。
  • ヒーター本体部分に付着したホコリやゴミをそのままにしておきますと、通電時に焦げ臭いにおいがする場合がありますし、安全面でもよくありません。掃除機で吸い取るか、ヘアドライヤー・自転車の空気入れなどで吹き飛ばしてホコリを除去しましょう。
  • 汚れが目立つ時は、軽く湿らせた柔らかい布で拭いてください。汚れがひどい場合は、中性洗剤を水でうすめ、布に含ませてから拭き取ってください。シンナー・ベンジン等は塗装膜を著しく傷めますので使用しないでください。
  • その他注意事項

  • 天然の木を使用しておりますので、商品画像とは木目や色合いが異なる場合がございます。
    自然の創り出した木の表情や質感を十分に生かすため、塗装膜も薄めに仕上げております。※座卓・鏡面タイプは艶のある光沢仕上げとなっている商品がございます。



    • カタログ請求はこちら
    • セミオーダーについて
      お客様のご要望に合わせたセミオーダー製作に対応しております。 脚を3センチ短く作って欲しい。奥行き・幅をオーダーで作って欲しい。。など お問い合わせ頂ければ、無料でお見積もりを作成させて頂き、ご注文方法等のご案内をさせて頂きます。 ※オーダー製作の場合、納期は約1ヶ月ほどかかります。
    • Folivora(フォリヴォラ)商品一覧はこちら
      モダンで上質なコタツ「Folivora(フォリヴォラ)」の取り扱いを開始いたしました。冬はコタツとしても使える無垢材オイル仕上げのローテーブルを中心に、モダンなテキスタイルを使った座布団やコタツ布団とのコーディネートで、これまでにないシックで上質な床座スタイルを提案。日本人には馴染み深い床に近いくつろぎを、トレンドのスタイルで叶えます。

    最近チェックした商品

    最近チェックした商品はまだありません。